設置型や身に着けるタイプのものなどさまざまな種類がある隠しカメラ

防犯カメラ

置いておく隠しカメラの特徴を紹介

レンズキット

様々な場面で使える隠しカメラ。いざという時にしっかり使えるようにするために、それぞれの隠しカメラのポイントをしっかりと押さえておく必要があります。今回は、置いておく、設置するタイプの隠しカメラを超小型カメラ専門店で購入する時のために、それぞれの隠しカメラのポイントを紹介します。
火災報知器型の隠しカメラは、本物そっくりに作られているためカモフラージュ性は隠しカメラの中でも群を抜いています。怪しまれず長時間撮影するためにも、連続撮影時間はチェックしておきましょう。また出来るだけ広範囲を撮影するためにも、撮影可能な角度範囲もチェックしましょう。動体検知で撮影する機能や夜間のための赤外線ライト機能もあればなお良いです。
置時計型隠しカメラは動かす事ができないため、出来るだけ撮影できる角度が広いものが好ましいです。またその形状故、稼働時間も重要です。動体検知で撮影開始する機能を持っているカメラなら便利に使えます。
クローゼットフック型の隠しカメラは、盗難防止のために使う方が多いでしょう。そのため、動体検知で撮影する機能を持っているかどうかが他の隠しカメラよりも重要視するべきです。他にはリモコン操作ができるかどうかも重要視しましょう。